茨木市を中心とした北摂地域(高槻市、箕面市 、吹田市、豊中市、摂津市)での新築一戸建て・注文住宅とリフォームは、まごころと実績の橋本工務店にお任せ下さい。

TEL:0120-34-8410 営業時間/9:00~18:00(土日・祝日は除く)
お問い合わせ
menu
トップ  >   リフォームメニュー  >   窓断熱リフォーム

窓を変えて温いエコな家に!

窓を変えて温いエコな家に!

部屋うちに発生する結露を防ぐ為には、窓の性能はとても重要。温かさを取り入れるためには充分な大きさが必要ですが、これは同時に激しい冷気も取り込みます。機密性が高くなった住宅では、窓と部屋の温度差がさらに大きく、コップの水をこぼしたような結露の問題に直面することもあります。 現在の窓をどのように変更すれば省エネ効果が高まり、結露などの問題を改善できるのでしょうか。ここでは、窓の断熱リフォームをいくつかの事例を挙げご紹介いたします。

内窓の設置

もっともポピュラーで比較的簡単にできる窓断熱の工法の1つは、内窓を取り付ける事です。既設の窓枠に取り付ける事ができるので、1箇所であれば工期も半日あれば施工が可能です。

内窓

その中でも代表的なのが、LIXILのインプラス。
既設の窓と内窓の間に空気層を作り、熱の伝導を防ぐというものですが、このインプラスの中でも、単板ガラス、複層ガラス、断熱ガラスといくつか種類がございます。さらに、窓が二重になるので、外部の騒音も削減できる効果が期待できます。

単板ガラスから複層ガラスへ交換

既設のサッシはそのまま流用し、ガラスのみを交換する方法です。効果としては、先にあげています内窓とよく似ております。ただし、サッシは既設のままになりますので、ガラス面の結露は軽減できても、サッシ部分につく結露はさほど効果の改善は感じられません。注意事項としては、単板ガラスから複層ガラスへ交換する際、複層ガラスの厚み分が外側で出る為、網戸との干渉が出てくる可能性がございます。その場合は、網戸も交換しないといけなくなります。

単板ガラスから複層ガラスへの交換イメージ

アルミサッシから樹脂サッシへ交換

もっとも普及しているアルミサッシですが、樹脂サッシに比べて1000倍近く熱伝導率が高い。それだけアルミサッシの方が熱を通しやすい為、外と部屋内の温度差が高い時に結露が出てしまいます。

アルミサッシから樹脂サッシへの交換イメージ

ガラスの種類について

ガラスには、一枚で構成された単板ガラスと、ガラスを2枚組み合わせたペアガラス、乾燥剤と金属膜で断熱、防露効果を高めたLow-Eペアガラスがあり、効果も費用も差があります。 ペアガラス以上のガラスは選び方次第で効果が変わってきます。

橋本工務店Blog

  • 古民家リフォーム
  • リフォーム施工事例

お役立ち

  • 知って得する!すまい給付金
  • 住宅ローン減税って??
  • リフォーム用語集
  • LIXIL無金利リフォームローン