茨木市を中心とした北摂地域(高槻市、箕面市 、吹田市、豊中市、摂津市)での新築一戸建て・注文住宅とリフォームは、まごころと実績の橋本工務店にお任せ下さい。

TEL:0120-34-8410 営業時間/9:00~18:00(土日・祝日は除く)
お問い合わせ
menu
トップ  >   リフォームメニュー  >   階段リフォーム

階段について

「中古物件を買ったが、階段が急なので取り替えたい」「高齢の両親がいるので階段に手すりをつけたい」「リフォームの見積もりをとったが適正価格なのかどうか知りたい」
といった悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
階段は、事故の可能性が高いにも関わらず、事故防止も兼ねた階段板の交換はかなりの大工事になるのもあって、そのままということが多い場所でした。しかし、最近はリフォーム用の階段部材のバリエーションも増えて、古い階段板の解体をしなくてもリフォームができるものも出てきています。
ここでは、さまざまなお悩みを解決できる内容をお伝え致します。
階段のリフォームをお考えの方は是非参考にしてください。

階段のリフォームの種類とおおよその費用

リフォームは商品には定価があっても、工事自体には定価がありません。その為に複数社から見積りをとり、比較することで適正価格を知ることができます。
階段リフォームにおいて、「急な階段なので、勾配を緩やかにして上り下り楽にしたい」といったが声が多く聞かれます。その際、家や階段の形状等によっては構造から再設計が必要になってくるので大規模なリフォームが必要になります。この場合の価格は100万円以上と高額になります。階段リフォームでの最優先項目は「事故を未然に防ぐ為にいかに対策を打つか」です。具体的な対策として手すりの設置、滑り止めの設置、足元灯の設置等が挙げられます。これらの場合、1万円~30万円程度の価格からリフォームを始めることができます。
ここでは先ず、大規模なリフォーム内容からご紹介していきます。

段数を1~2段増やすリフォーム:※20万~50万程度

階段

階段には危険要素がたくさんあります。勾配が急だと階段の上り下りも辛く、踏み外して転倒してしまうといった恐れもある為、段数を増やして段差を低くすることが重要です。そこで、蹴上げを低くし踏面を広くして段数を1~2段増やす等、現状の階段スペースを上手に活用しながら勾配を緩やかにするリフォームがあります。この場合、階段を再構築といった大規模なリフォームではない為、比較的価格を抑えてリフォームすることが出来ます。

階段回りのデザインを見直すリフォーム:※20万~110万程度

階段

デザインを見直す場合、こだわればこだわるほど費用はかさみます。せっかくリフォームするので、こだわり抜いたデザインにしたいと思う方が多いと思いますが、事前に予算を確定した上でデザインにこだわることをオススメします。また、階段のみをリフォームした場合は他の部分が黒くくすんだように見えてしまう場合があります。そのような場合は、付近の壁のクロスや等も取り替えてみることをオススメします。

階段の架け替えリフォーム費用:※50万~200万程度

階段

位置を変えず、新しい階段に架け替える大掛かりなリフォームです。既存の階段の状態によって費用や工事方法は大きく変わってきます。簡単な工事ではない為、費用がかさむことを頭に入れておくと良いでしょう。また、大掛かりな分、勾配やデザイン、色など、好みや住まいの雰囲気に合わせて自由にカスタマイズすることが出来るので、自分好みの階段に仕上げていきませんか。

勾配を緩めて再構築するリフォーム:※100万円〜150万円程度

階段

階段が急である為、階段を一度取り外し、勾配を緩めて設計・再構築した場合のリフォームです。大規模なリフォームの為、費用は高額になりますが、使用する建材の材質であったり、段数の増減によって費用に差が出ます。予算に合わせて安全で納得のいくリフォームを行いましょう。

階段の位置を変更するリフォーム:※150万円〜300万円程度

階段

階段の位置を変更する場合、家を支える壁や柱なども移動させなければならないケースが多いです。その場合は間取りの変更も伴う為、大規模修繕となり、費用もかさみ、工期も長くなってしまいます。このケースで気を付けて頂きたいのが、建築確認申請が必要かどうかです。リフォームの規模が一定の基準を超える場合、都道府県あるいは市町村の行政に申請しなければなりません。また、工期が長くなる為、長い間上の階に行き来することが困難になることに気を付けて下さい。

階段の部分的なリフォームの種類とおおよその費用

階段では家庭内事故が多いですが、リフォームするには上記のように比較的費用がかさんでしまう為、そのままにしておく方も多くいらっしゃいす。しかし、最近では階段を一度撤去してからリフォームしなくても簡単にリフォームができるようになってきています。例えば、安全の為に手すりや踏み板にすべり止めを付ける。このようなリフォームは10万円前後と比較的安価で済ませることが出来ます。
ここでは、そんな小規模のリフォーム内容をご紹介します。

階段にすべり止めシートを張り付け:※1万~2万程度

滑り止めシート

既存の踏み面に滑り止めシートを貼り付けるだけで転落・転倒といった非常に危険な事故を未然に防ぐことが出来ます。滑り止めシートは1万円以下から購入できるものもたくさんあるので、簡単にリフォームをすることが出来ます。また、コルクやカーペットといった柔らかい階段部材を貼り付けると、安全性が高まり転倒しても怪我を小さくすることが出来ます。

階段に手すりを取り付け:※5万~30万程度

階段手摺

階段での転落・転倒を未然に防ぐ為、階段への手すり設置は必須と言っても良いでしょう。左右どちらの壁にも設置することが理想的ですが、スペースや費用の問題でどちらか一方の壁だけに取り付ける場合は、降りる際の利き手側に取り付けるのが良いでしょう。手すりを付ける場合、出来るだけ切れ目が無い状態で、下地がしっかりした場所に取り付けなければなりません。その為、壁の状況に応じて下地の補強工事が必要になる事があります。

このように、階段のリフォームと言ってもさまざまなリフォームがあります。
階段は家の中でも安全性に注意が必要な場所です。家の中での事故を回避し、住みやすい家を実現する為には階段をリフォームする必要が出てくるでしょう。
階段をリフォームする際、どこをどのぐらいまでリフォームするのかによって費用が大きく変わってきます。
今必要かつ、将来を見越してどんな対策が必要なのかよく考えてからリフォームされることをお勧めします。

橋本工務店Blog

  • 古民家リフォーム
  • リフォーム施工事例

お役立ち

  • 知って得する!すまい給付金
  • 住宅ローン減税って??
  • リフォーム用語集
  • LIXIL無金利リフォームローン