茨木市を中心とした北摂地域(高槻市、箕面市 、吹田市、豊中市、摂津市)での新築一戸建て・注文住宅とリフォームは、まごころと実績の橋本工務店にお任せ下さい。

TEL:0120-34-8410 営業時間/9:00~18:00(土日・祝日は除く)
お問い合わせ
menu
トップ  >   リフォームメニュー  >   玄関ドア

玄関ドアについて

外と家(内)をつなぐ扉、家の顔、それが玄関ドアです。デザインはもちろん家族を守る盾としての役割もある玄関ドアですから、性能も重視しましょう。 防犯対策として「鍵」選びも大切な要素があり、その他にも、気密性・遮音性・防火性など、重要なポイントが沢山あります。 玄関ドア選びに迷ったら、まずこのページをご覧ください。

形状による玄関ドアの種類

開き戸・引き戸などドアの形状による分類をご紹介します。 住まいの顔である玄関ドア。 あなたはどんな玄関ドアがお好みですか?

引き戸

引き戸

引き戸とは、横にスライドさせて開け閉めする扉のことを言います。 
引き戸の種類には、襖などのように左右両方から開け閉めできる引き違いや、1枚の扉を右もしくは左に引く一本引き(片引き)などがあります。開き戸と違い好きな分だけ扉を開けておくことが出来ますので荷物の出し入れなどに便利です。 
ただし開き戸に比べ機密性が劣るというデメリットもあります。

片開き戸

片開き戸

1枚のドアを蝶番で止め、開け閉めするドアのことを言います。 シングルタイプとも呼ばれ、アパート・マンションなどでよく見かける一般的な扉です。

両開き戸

両開き戸

2枚のドアを蝶番で止め、左右に開け閉めするドアのことを言います。 大きな開口を確保できるのがメリットのドアです。 ただし、両開き戸は開閉の際広いスペースが必要になるので、玄関スペースを広くとることになります。狭い玄関にはオススメできません。

親子ドア(袖付きドア)

親子ドア

大きなドアと小さなドアを左右に開け閉めできるドアのことを言います。 通常は大きな扉で出入りをし、大きな荷物などを搬入する時に両方を開いてより大きな開口とするという使用方法が一般的です。 開口とするという使用方法が一般的です。 片開きドアに比べ利便性が良くなります。

ここで紹介させていただいたのは一般的なドアです。この他にもさまざまなタイプの玄関ドアがありますので、お住まいになられている地域や好み・玄関スペースの広さなど、さまざまな要素を加味して最適な玄関ドアをお選びください。

形状による玄関ドアの種類

玄関ドアのリフォームや交換を考える時、やはり一番気になるのはデザインですよね。 その家の顔ですから美しく、家と調和した玄関ドアを選びたいですね。 でも玄関ドアの役割は、それだけではありません。家族を守る盾でもあり、暖かな室内を保つためにも重要なアイテムです。 ここでは玄関ドア選びのポイントを紹介します。玄関リフォーム・交換の参考にしてください。

断熱性

橋本工務店の所在地である茨木市などを含め、冬場の寒暖差が大きい北摂地域では特にこの「断熱性能」が気になるところです。 玄関ドアに使われるガラス部分も複層ガラスや合わせガラスなど断熱性の高い商品を選ぶようにしましょう。

防犯性

玄関ドアの防犯性はとても重要です。 そして防犯性を高める商品として一番に上げられるのが「鍵」。 表面に多数の小さなくぼみがついているディンプルキーや、波型の溝が掘り込まれているウェーブキーなどが防犯性が高いとされています。その他にもリモコンキーやカードキーなどもあります。使いやすく防犯性の高い鍵の設置をオススメします。 そして玄関ドアに使用するガラスも割れにくいガラスにすることが大切です。

防火性

建築基準法では、防火地域、準防火地域に建設される建物の外壁に設置される開口部のうち、延焼のおそれのある部分には防火戸、その他の政令で定める防火設備を使用するよう定められています。 そのような地域にお住まいの方は、玄関リフォームの際、防火戸を設置しなければなりません。 当社所在地である茨木市の場合は、用途地域を簡単に調べられるサイトがございます。

茨木市都市計画情報提供サービス←こちらをクリック

橋本工務店Blog

  • 古民家リフォーム
  • リフォーム施工事例

お役立ち

  • 知って得する!すまい給付金
  • 住宅ローン減税って??
  • リフォーム用語集
  • LIXIL無金利リフォームローン