茨木市を中心とした北摂地域(高槻市、箕面市 、吹田市、豊中市、摂津市)での新築一戸建て・注文住宅とリフォームは、まごころと実績の橋本工務店にお任せ下さい。

TEL:0120-34-8410 営業時間/9:00~18:00(土日・祝日は除く)
お問い合わせ
menu
トップ  >   リフォーム用語集  >   【う】  >   内断熱(工法)

リフォーム用語【内断熱(工法)】

断熱工法の1つで、天井から壁の中、床下、柱と柱の間などの躯体内の隙間に断熱材を充填(じゅうてん)する工法のことで充填断熱と呼ばれることもあります。内断熱に使用される断熱材はグラスウール、ロックウール、セルロースファイバーなど、繊維系断熱材がほとんどですが、発泡ウレタンを吹き付ける断熱工法もあります。 

天井の空間に細かく裁断した断熱材をブローイング(吹き込む)するやり方もある。布状の断熱材のみを充填していく方式を「内張り断熱」と呼ぶ。日本では最も早く導入された断熱工法で、木造軸組工法の住宅などに多く用いられている。

>>【う】一覧へ戻る

橋本工務店Blog

  • 古民家リフォーム
  • リフォーム施工事例

お役立ち

  • 知って得する!すまい給付金
  • 住宅ローン減税って??
  • リフォーム用語集
  • LIXIL無金利リフォームローン