茨木市を中心とした北摂地域(高槻市、箕面市 、吹田市、豊中市、摂津市)での新築一戸建て・注文住宅とリフォームは、まごころと実績の橋本工務店にお任せ下さい。

TEL:0120-34-8410 営業時間/9:00~18:00(土日・祝日は除く)
お問い合わせ
menu
トップ  >   リフォーム用語集  >   【い】  >   田舎間(江戸間・関東間)

リフォーム用語【田舎間】

民家や茶室に使われる基準尺(設計モジュール)の1つ。柱割り(建物の機能・構造・工法に基づいて柱の位置を決めること)の場合は、柱と柱の中心線の間隔(一間)の長さが6尺(約181.8cm)のもので、これを「江戸間」ともいう。また畳割り(一定の大きさの畳みを基準にして各室の大きさを決定し、柱の位置を決めること)の場合は、基準畳の大きさが5.8尺×2.9尺(約175.8cm×約87.9cm)のもので、飛騨地方や北陸地方で用いられてきた。ちなみに江戸間には、畳割りはない。

>>【い】一覧へ戻る

橋本工務店Blog

  • 古民家リフォーム
  • リフォーム施工事例

お役立ち

  • 知って得する!すまい給付金
  • 住宅ローン減税って??
  • リフォーム用語集
  • LIXIL無金利リフォームローン