茨木市を中心に、高槻市、箕面市 、吹田市、豊中市、摂津市での新築一戸建て・注文住宅とリフォームは、まごころと実績の橋本工務店にお任せ下さい。

TEL:0120-34-8410 営業時間/9:00~18:00(土日・祝日は除く)
お問い合わせ
menu
トップ  >   住宅ローン減税について

住宅ローン減税について

住宅ローン減税とは、住宅ローンを利用して住宅(居住用マイホーム)を購入した方に対して、一定の割合で一定の金額を税額控除(所得税、住民税)することができる国の住宅購入支援制度の一つです。

景気対策としても用いられることが多いため、住宅として居住をし始めた年によって控除額や計算方法など適用の条件が変わります。

  • 【ポイント1】毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除
  • 【ポイント2】所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除
  • 【ポイント3】住宅ローンの借入れを行う個人単位で申請
  • 【ポイント4】消費税率の引上げにあわせて大幅に拡充

住宅ローン減税の概要

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます(住宅の取得対価の計算においてはすまい給付金の額は控除されます)。また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。 この住宅ローン減税制度は、平成26年4月からの消費税率の引上げにあわせて、下表のとおり大幅に拡充されています。なお、申請は、住宅ローンを借入れる者が個人単位で申請します。世帯単位ではないことに注意してください。

適用期日 ~平成26年3月 平成26年4月
~平成31年6月※1
最大控除額
(10年間合計)
200万円※2
(20万円×10年)
400万円※2
(40万円×10年)
控除率、控除期間 1%、10年間 1%、10年間
住民税からの
控除上限額
9.75万円/年
(前年課税所得×5%)
13.65万円/年
(前年課税所得×7%)
主な要件 ①床面積が50m2以上であること
②借入金の償還期間が10年以上であること)
①床面積が50m2以上であること
②借入金の償還期間が10年以上であること)

※1平成26年4月以降でも経過措置により5%の消費税率が適用される場合や消費税が非課税とされている中古住宅の個人間売買などは平成26年3月までの措置を適用。

※2長期優良住宅、低炭素住宅の場合はそれぞれ300万円(~平成26年3月)、500万円(平成26年4月~平成31年6月)。

住宅ローン減税の控除額イメージ

対象となる住宅

住宅ローン減税は、新築住宅だけでなく中古住宅も対象となります。また、増築や一定規模以上の修繕・模様替え、省エネ・バリアフリー改修なども100万円以上の工事費の場合は、住宅ローン減税の対象となります。ただし、省エネやバリアフリーの場合は、別のリフォーム減税(特定増改築等住宅借入金等特別控除)の方が有利な場合がありますので、よくご確認ください。(リフォーム減税との重複利用はできません。)

住宅ローン減税の対象となる増築、リフォーム工事
  • 【1】増改築、建築基準法に規定する大規模な修繕又は大規模の模様替えの工事
  • 【2】マンションの専有部分の床、階段又は壁の過半について行う一定の修繕・模様替えの工事
  • 【3】家屋のうち居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、玄関又は廊下の一室の床又は壁の全部について行う修繕・模様替えの工事
  • 【4】耐震改修工事(現行耐震基準への適合)
  • 【5】一定のバリアフリー改修工事
  • 【6】一定の省エネ改修工事

さらに詳しくご確認される場合は、国土交通省すまい給付金サイトをご覧下さい。
その他、住まいに関するご相談は、こちらよりお問い合わせください。

橋本工務店Blog

  • 古民家リフォーム
  • リフォーム施工事例

お役立ち

  • 知って得する!すまい給付金
  • 住宅ローン減税って??
  • リフォーム用語集
  • 住宅ストック循環支援事業
  • Tポイント貯まります